買取と仲介の違い

このページでは、アパート売却の際に知っておきたい買取と仲介の違いを紹介します。

買取と仲介の違いを知って目的にあった売却を

運営の行き詰ったアパートがある場合、権利を手放すことでまとまった金額が手に入ります。方法としては、買取と仲介のふたつが挙げられます。

  • 買取…不動産会社に直接買い取ってもらう
  • 仲介…不動産会社に購入者を探してもらう

以下では、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

売却を急いでいる方は買取がおすすめ

メリット

  • 現金化までスピーディ
  • 原状引き渡しが可能(設備の修復責任がない)
  • 広告宣伝の作成や内覧準備などの手間が省ける

デメリット

  • 売却金額が低くなる
  • 建物によっては買取してもらえないことも

一見すると、買取には多くのメリットがあるように見えます。しかし多くの人が仲介を選択するのは、オーナーの手に渡る売却金額が低いため。相場を上回る可能性は低く、場合によっては仲介との間に、大きな価格差が生じてしまうこともあります。その代わり仲介手数料やクリーニング費用は不要ですし、スピーディな現金化も可能。「すぐまとまったお金が欲しい」と考える場合には、有効な方法と言えるかもしれません。

やはり高く売却したい方は仲介を選ぶべき

メリット

  • 買取よりも高い価格で売却できる
  • 幅広い選択肢から買い手を選べる
  • 専任契約であればマンツーマンでサポート

デメリット

  • なかなか購入者が決まらないことがある
  • 仲介手数料を支払わなければならない

仲介のメリットは「価格」につきます。数ヶ月から半年の時間をかけ、購入者を広く募っていくこととなるため、より良い条件に応じてくれる購入者を見つけやすいのです。その分オーナーも「購入したくなる物件づくり」のために、ある程度の費用や労力を傾けなくてはなりません。「売ってしまえばそれ終わり」である買取に比べ、手間がかかることは事実です。

仲介は契約のしかたで売却サポートが異なる

  • 専任媒介…ひとつの不動産会社と契約を結び、購入者を募ってもらう。
  • 一般媒介…複数の不動産会社に購入者を募ってもらう。

一般媒介は広告宣伝に力を注いでもらえない可能性があるため、専任媒介を選択するオーナーが多いようです。いかがでしょうか?どちらの方法を選んだ方が得なのか、じっくりと考える必要がありそう。その際は、物件のセールスポイントや現況をよく確認したうえで、検討を重ねる慎重さが求められるでしょう。

3つの条件から絞り込み!高く売却できる不動産会社3選3つの条件から絞り込み!高く売却できる不動産会社3選