アパートが売れない原因とは?

賃貸アパートを売却しようと、仲介業者や登録サイトなどを活用しても、一向に買い手がつかない…と悩んでいる方はいませんか?アパートが売れない原因として考えられるのが、アパートの老朽化です。躯体は大きく変えられないとしても、壁紙やキッチンなどの水回りをリフォームするだけで、賃貸住宅としての魅力はアップ。収益物件として検討しているオーナー候補の目にも魅力的に映るのです。

アパートが売れない場合にはリフォームがおすすめ

古いアパートやマンションでも、近年の中古住宅の人気により売り手がつきやすくなっています。それにも関わらずアパートが売れないと感じている方、本当に売れるのかと不安に思っている方は、リフォームを検討してみるといいでしょう。なぜアパートが売れない場合にリフォームがおすすめなのか、その理由とともに注意したいポイントやメリット・デメリットを詳しく解説します。

アパートのリフォームがおすすめな理由

アパートのリフォームがおすすめな理由は何と言っても「買い手がつきやすくなる」ということです。また、古いアパートでもリフォームすることで売却金額が高くなることも。
多少リフォーム費用がかかったとしても、そのまま売れない年月が続き、さらに老朽化し価値が下がるよりも、リフォームをしてより高い金額で売却した方がいいと考えられるケースも多いのです。

アパートをリフォームするメリット・デメリット

アパートをリフォームするメリットはいくつかありますが、大きく分けて次の3つが挙げられます。

  • 買い手が「賃貸に出しやすく運用しやすい物件」と感じる
  • 買い手が購入時にリフォーム費用を考える必要がなく、より購入ハードルが下がる
  • 古い物件でも、築年数よりも新しく見せられる

つまり、買い手にとってより魅力的なアパートになる可能性が大なのです。

一方、注意しておきたいのがアパートをリフォームするデメリット。例えば、リフォームにお金をかけすぎてしまえば、いくら高く売れたとしても売却益はそれほど見込めないと言うリスクも考えておかなければなりません。また、リフォーム期間中に市場が下落すれば、物件価格も下げざるを得ませんから、不動産市場の動向は常にしっかりとチェックしておく必要上がると言えるでしょう。ただし、リフォームしないでずっと売れずにいるよりは、リフォームをしたほうが早く買い手がつく場合もあるのでそのあたりの判断は、しっかりと検討する必要あり。

仮に自分がアパートなどの賃貸住宅の入居を考えたとき。築年数が古くてもリフォームされている物件と、新築で新しいけれど賃料もそれなりに高い物件なら、前者を選ぶという方も多いのではないでしょうか?
アパートが売れない時には、購入検討者や賃貸住宅への入居を検討している方の立場に立ってリフォームが必要かどうかを冷静に判断するといいでしょう。

一棟マンション売却時に買い手がつくリフォームとは

では、一棟マンションをリフォームする際、売却時に買い手がつきやすくなるリフォームとはどんなものがあるのでしょうか。どんなリフォームがあるのかなどもチェックしながら考えてみましょう。

まずは一棟マンション・アパートの状態をチェック

アパート売却時にリフォームを検討するなら、まずは次のポイントをチェックしてみましょう。

  • 水回り(トイレ・風呂・キッチン)の使用状況と綺麗さ
  • ドアや窓の開閉
  • 壁紙や床の状態

例えば人気のあまりない和室を洋室にリフォームするだけでも印象は大きく変わります。
また、水回りの綺麗さは、暮らす上で必要最低限気にする方も多いでしょう。また、水垢やカビが水回りについていれば、築年数よりも古く見える可能性は否めません。
もう一つ、検討したいのが床や壁などの汚れ・傷みです。面積の大きい床や壁がボロボロだったり薄汚れていると、どうしてもみすぼらしく見え、購入検討者にはマイナスな印象に。最低限、こうした場所は簡易でもいいのでリフォーム対象と言えるでしょう。

優先的に考えたいリフォーム

売却を検討している物件の状態を把握したら、次はどこをリフォームするかを考えましょう。間取りを変えたり、売主の趣味を反映させてしまうような大々的なリフォームは避け、必要最低限にすることで、費用もリフォーム期間も節約できます。

例えば、インターホンなどの設備を新しくする。穴が開いたり傷んだ襖・網戸は新しく替える。浴室のカランやシャワーホースを変える、トイレの便座を変えるなどは簡単なリフォームと言えるでしょう。畳は特に日焼けして古く見えたり、敬遠されることがあるので変えると印象がガラッと変わります。

リフォームしなくても必要最低限のクリーニングを

リフォームは、買い手がリノベ〜ション物件として変えたいなどと言う希望があるかもしれないから、あまり費用はかけたくない。そう考える方もいらっしゃるかもしれません。それはある意味真で、ある意味ただしくありません。
綺麗な物件であればそれだけ買い手がつきやすくなると考えれば、その後どう使われるのであってもリフォームしてあることはマイナスにはなりません。
ただし、リフォームに費用をかけすぎると売却金額が高くなりすぎてしまうリスクがあるなら、ハウスクリーニングを入れて新品に近い美しさを取り戻すのもあり。外壁やアパート周辺の雑草をとるだけでも、印象は違います。

まとめ

アパートが売れない原因の多くが、借り手がつきにくい(=賃料収入が得にくい)物件と判断されてしまっていること。その原因を取り除くには、リフォームやリノベーションにより綺麗で借り手にとって魅力あるアパートを作ることが大切です。また、老朽化が進んでいる物件なら、必要最小限のリフォームでも、綺麗な物件としての印象を購入検討者に与えられるため、リフォームする価値は大。アパートが売れない場合には、ぜひリフォームを検討してみましょう。

3つの条件から絞り込み!高く売却できる不動産会社3選3つの条件から絞り込み!高く売却できる不動産会社3選
3つの条件から絞り込み!高く売却できる不動産会社3選