アパートを売却する際の修繕について詳しく解説

売却前の修繕がいらないアパートとは

物件が築浅である

築年数がそこまで経っていないアパートなら、すぐにリフォームや修繕を加える必要はないと考えられます。災害や事故などで部分的に破損した設備などは修繕しなければなりませんが、全体的に見て特に問題がなければ、そのまま売却を行なうことができます。

築浅の物件はまだ大きく価値が下がっていない状態なので、無理に修繕を加えなくても問題はありません。むしろ、修繕を行なうことで売り主側に負担が大きくなってしまう問題が出てきます。

築浅の基準は明確に決まってはいませんが、一つの基準として「3年以内」もしくは「5年以内」が挙げられています。5年以上経過するとどの物件でも中古として扱われるため、築浅の基準を満たすうちに売却を考えるのが良いでしょう。

売却時点で建物が老朽化しておらず、3年から5年以内の築浅である場合には、一番の売り時と考えることもできますね。

築古でも老朽化や汚れが少ない

築年数が古くても、汚れや老朽化の割合が少なければ修繕の必要はありません。中古アパートの場合、劣化があるのは当然のこととされているので、買い手もある程度のダメージは理解したうえで売買に臨みます。

修繕を施してから売却しなければならないという決まりはないので、建物に問題が少なければそのまま売却に踏み切ることもできるでしょう。修繕をした結果、費用がかさんでしまい結果的に売却益がマイナスになってしまっては成功とはいえません。

なかには、修繕をせずにそのままの状態で売却することを望んでいる買い手もいます。買い手側で中古のアパートを買い取って新しくリフォームやリノベーションを施し、入居者を募集するというケースです。

このような需要に対しては、売り手側で下手に修繕を行なわないほうがよしとされるため、中古の状態のままで売りに出しても問題ありません。

アパート売却前にやっておきたい修繕以外のPRポイント

物件内部と周辺の清掃・クリーニング

売りに出す物件は、大規模にリフォームを行なう必要はありませんが、最低限清潔な状態に整えておくのが正解。買い手が後からリフォームを加えるような場合でも、汚れが目立つ物件というのは印象が良くありません。

築年数を問わず、中古物件にはどうしても老朽化や汚れのイメージがついて回ります。そのため、イメージ通りの室内を見ると買い手にとっては魅力が半減してしまいます。そこでハウスクリーニングを行ない、古いイメージを払拭させるのです。

年数が経っていないアパートの場合、どの程度丁寧に物件を扱ってきたかによって売れゆきが変わってきます。ハウスクリーニングできれいにしておけば、物件をきれいに使っているという印象を与えられるので、その後がスムーズに進みます。

ハウスクリーニングはリフォームに比べて費用は高くありません。100万円を下回る料金で建物全体をきれいにできるので、水回りなど汚れやすい場所を念入りに掃除してもらうだけでも効果的。

共有部分では玄関や階段など、往来が多く汚れの溜まりやすい場所を中心に掃除をしてもらうと良いでしょう。もちろん物件のまわりが汚れていればそこも併せて掃除しておきましょう。

普段生活するなかで、特に汚れが気になるのは水回り部分です。毎日使う場所だからこそ汚れが溜まりやすく、しっかりと掃除しておく必要があります。

内覧までに最低限水回りだけでもきれいにしておけば、相手に安心感を与えることができます。

老朽化した設備の取り替え

大規模な修繕の必要はなくても、最低限やっておきたいものが古くなった設備の取り替えです。中古の物件として売りに出す場合でも、買い手側にとっては設備の状態は気になるもの。

壊れているものをわざわざ買いたいという人はほとんどいませんから、最低限必要な冷暖房設備、上下水道などの設備を整えておくだけでも好印象につながりやすくなります。

設備の取り替えについては、費用を考慮せずにきちんと済ませておきましょう。後から売り主に瑕疵担保責任が生じる場合もあるので、責任を問われる前にきれいな状態に整えておくことをおすすめします。

設備を最低限整えておけば、買い手には安心材料が増えることになり、アパートの売買がスムーズに進みます。優先的に取り替えるべき設備については、不動産会社の担当者からアドバイスを受けながら進めていくと効率的です。

3つの条件から絞り込み!高く売却できる不動産会社3選3つの条件から絞り込み!高く売却できる不動産会社3選
3つの条件から絞り込み!高く売却できる不動産会社3選