築古アパートを高く売りたい!アパート買取高額査定のコツ » 相続アパートを売却する際に注意することは? » ポイント » アパート売却後のリフォームを考える際に押さえておくべきポイント

アパート売却後のリフォームを考える際に押さえておくべきポイント

売却成功のポイントはお部屋のリフォーム

なぜリフォームが必要なの?

建て替えや新築の物件の売れ行きが伸び悩む中、近年ではリフォーム済みの物件に人気が集まっています。「新築ではなくてもいい」「安く買えるなら古い物件でも問題ない」と考えるユーザーが増えたためですね。

しかし、古い物件が古いまま売り出されていても、買う側としてはためらってしまうもの。「安く買いたいけれど、できれば見た目はきれいなほうがいい」というのが本音ではないでしょうか。

そのような買い手を一人でも多く集めるために効果的なのが、物件のリフォームです。売却の前に老朽化した部分をリフォームしておけば、見た目が一新されきれいな状態で買い手がつきやすくなります。

リフォーム代にお金がかかってしまいますが、古いままの物件よりも新しい物件のほうが「検討対象」に入りやすくなります。

古い設備にはトラブルのリスクが高い

物件の内部の設備が古いままであると、長く使い続けられるかわからないという不安がついて回ります。しかしリフォームによって新しくしておけば、その部分は直す必要がないので安心材料となります。

賃貸マンションでは、壁や床のクリーニングのほかにも畳の貼り替えやクロスの貼り替えは必ずといっていいほど行われます。場合によっては窓やドアを新調したり、エアコンやボイラーの交換を行ったりすることもあります。

建物の老朽化にもよりますが、トラブルのリスクが高いマンションほど売れにくくなるため、前もって新調しておく必要があるのです。

売れずに値下げするリスクと高いまま売り切るメリット

老朽化した物件をそのまま高値で売り切るのは、どの不動産会社にとっても至難のわざ。買い手がつかないまま時が経ち、値下げせざるを得なくなるケースも少なくありません。

しかし、売れずに値下げをする前にリフォームを行っておけば、古くてもいいからきれいな物件を買いたいという人が表れ、買い手として交渉が成立する可能性があります。

売り主としてはリフォームにわざわざお金をかけたくないところですが、売れずに結局価格を下げてしまうのか、多少リフォームにお金がかかっても希望の金額で売り切るかを考えたとき、後者のほうが効率的で無駄がありません。

物件のリフォームは一見余計な出費にも思えますが、実は売り手と買い手の双方にメリットのある効率的な方法なのです。

一棟マンション売却の際に施すリフォームのポイント

売却前に行なうリフォームのポイント

一棟マンションを所有しており、売却を考えている場合には、売却の前にリフォームを検討してみても良いでしょう。

リフォームといっても、老朽化している場所だけを部分的にリフォームする方法から、建物全体に施す大掛かりなものまであります。予算の都合によってリフォームできる範囲が限られたとしても、目につく場所をリフォームしておくだけで買い手がつきやすくなります。

なるべく早くに売却をしてしまいたい場合には、できるところをすべてリフォームすると良いでしょう。古い設備を中心に取り替え、水回りやクローゼットの中など、汚れやすい場所は早めにリフォームを行っておきましょう。

また、入居者を広く集めるためにペット可能な設備に替えたり、赤ちゃんや体の不自由な方のためにバリアフリー設備に取り替えたりする方法も効果的。

せっかくお金を出してリフォームを行なうのですから、多くの人に使ってもらえる設備を整えたいですね。

売却後に買い手がつきやすくなるリフォームとは

一棟マンションの場合、建物の老朽化の程度、設備の新しさ、古くなったところをしっかりと補えているかどうかなど細かいところまでチェックされます。

買い手側としてはできるだけ多くの入居者に入ってもらいたいので、基本的な設備が満足に使えることはもちろん、入居者を選ばずに使えるかどうかもチェックします。

例えば、トイレの便座が高すぎて座りづらいようなケースでは、お年寄りや小さな子どもには不向きといえるでしょう。夏に暑く冬に寒い物件も、人を選ぶ物件といえるでしょう。

買い手にとって魅力的と感じるのは、これらのデメリットをきちんと処理できている物件です。設備の不備だけでなく使いやすさにも配慮してリフォームを行なうことが大切です。

売却にあたって、魅力的な内装にしようと派手にリフォームするケースもみられますが、幅広く入居者を募るのであれば、派手な内装は必要ありません。

最低限、利用者にとって使いやすく不備のない状態に仕上げることがリフォームの目的。カビやほこりなどの汚れはきれいに取り除き、古さが目立つ場所は取り替えるなどして対策を行ないましょう。

共有部分のリフォームも検討を

一棟マンションは専有部分だけではなく共有部分についても細かくチェックされます。各部屋の設備をリフォームした後は、共有部分の状態も忘れずに確認しておきましょう。

共有部分はエントランスや廊下、ベンダースペース、自転車置き場などみんなが使う部分を指します。入居者は共有部分も自宅の一部として見ますので、極端に使いづらい共有部分があると売却にも影響します。

特にエントランスはマンションの顔にもなる存在。くたびれた部分がないか、不便な部分がないかどうかなどをチェックし、必要に応じて新しいものに交換しましょう。

共有部分はマンションの顔となるだけではなく、入居者の生活の動線にもなります。廊下、階段、玄関などはすべてバリアフリーにし、極力段差やつまずく物の少ない状態にするのが理想的。

バリアフリーかつ、必要な場所に手すりを設置したり、操作性の良いエレベーターを導入したりすることで入居者が便利に暮らせるようになります。老朽化が激しい部分をリフォームした後は、必要に応じてバリアフリー化を検討してみましょう。

屋上など空いているスペースを使って庭やバルコニーを設置し、入居者だけがくつろげるスペースを造るという方法もあります。マンションにしかない工夫が強みとなり、新たなリノベーション物件として注目される可能性が期待できます。

リフォーム以外のところでは、共有スペースに宅配ボックスや自動販売機、災害用備蓄品の設置などが注目されています。どれも安心して生活するうえで欠かせない設備なので、設置を検討してみるのも良いかもしれません。

3つの条件から絞り込み!高く売却できる不動産会社3選3つの条件から絞り込み!高く売却できる不動産会社3選
3つの条件から絞り込み!高く売却できる不動産会社3選